電脳>玄箱

いろいろできる自作NAS (玄人志向:Melco製)

導入記録(debian導入)

参考

http://kurobox.ath.cx/ http://debikuro.ddo.jp/

debian化、新規導入(ここだけwindowsで)

http://kuro.dsk.jp/のdebian_2005_????_??_??_dist.tgzをダウンロード。 それをtmpimage.tgzと名前を変え、image.zipに圧縮する。 それを玄箱CD-ROM内のKuroBoxSetup?.exe、*.txtと同じフォルダ(パスに2バイト文字を含まない場所)に置き、実行。CD-ROMが無いときはhttp://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-box_hgfset.htmlから。

初期設定

192.168.0.100にtelnet。ユーザー:tmp-kun、パスワード:tmp-kunでログイン。 suでroot(パスワードもroot)になり、パスワード変更。

以下、スクリーンショット

Debian GNU/Linux 3.0 KURO-BOX
KURO-BOX login: tmp-kun
Password:tmp-kun
Last login: Sun May  2 15:10:53 2004 from 192.168.0.32 on pts/0
Linux KURO-BOX 2.4.17_mvl21 #24 2004年 10月 19日 火曜日 17:17:03 JST ppc unknown

Most of the programs included with the Debian GNU/Linux system are
freely redistributable; the exact distribution terms for each program
are described in the individual files in /usr/share/doc/*/copyright

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
tmp-kun@KURO-BOX:~$ su
Password:root
KURO-BOX:/home/tmp-kun# passwd
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully
KURO-BOX:/home/tmp-kun#

hddのマウントポイント

/dev/hda3は/mntとなっている。適宜変更。

KURO-BOX:/mnt# cat /etc/fstab
# /etc/fstab: static file system information.
#
# <file system> <mount point>   <type>  <options>               <dump>  <pass>
/dev/hda1       /               ext3    defaults,noatime,errors=remount-ro
0 0
proc            /proc           proc    defaults                        0 0
none            /dev/pts        devpts  gid=5,mode=20                   0 0
/dev/hda2       swap            swap    defaults                        0 0
/dev/hda3       /mnt            ext3    defaults,noatime                0 0

変える場合は

# umount /mnt
# mount /dat
# ls -al /dat
# chown -R root:root /dat

IPアドレス関係

# vi /etc/network/interfaces
# vi /etc/resolv.conf
# vi /etc/hosts.allow

ホスト名

# vi /etc/hostname : 自分のホスト名
# vi /etc/hosts : LAN内の固定IPのマシンを入れてみる?

/homeフォルダ移動

KURO-BOX:~# mv /home/ /mnt
KURO-BOX:~# ln -s /mnt/home/ /home

ユーザー追加

# adduser

tmp-kun削除

一度telnetを切ったあと、追加したユーザーで入り、

KURO-BOX:/home/jun# deluser
Enter a username to remove: tmp-kun
Removing user tmp-kun...
done.

再起動

基本的なもの

sudo

# apt-get update
# apt-get install sudo
# vi /etc/sudoers

hoge ALL=(ALL) ALL を追加

wget

# apt-get install wget

other

# apt-get install zip unzip bzip2
# apt-get install dnsutils
# apt-get install nkf

# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get dist-upgrade

日本語環境

# apt-get install language-env canna freewnn-jserver skkserv canna-utils

Configuring Locales画面ではja_JP.EUC-JP EUC-JPを選択し<ok>

defaultもja_JP.EUC-JP EUC-JPを選択し、<ok>

# dpkg-reconfigure -plow locales

Configuring Locales画面ではja_JP.EUC-JP EUC-JPを選択し<ok>

defaultもja_JP.EUC-JP EUC-JPを選択し、<ok>

$ user-ja-conf

ENTER押し続け。Cannaを選択すること。

# apt-get install ja-trans manpages-ja nvi-m17n-canna egg xemacs21-mule-canna-wnn
# apt-get install jless vim jvim-canna
# vi ~/.bashrc
[追加] alias less='jless'
[追加] alias ll='ls -al'
[追加] alias vi='jvim'

interpreter

# apt-get update

perl (たぶん最新で必要ない)

# apt-get install perl
# perl -v
# apt-get install libapache-mod-perl

ruby

# apt-get install ruby
# ruby -v
# apt-get install libpgsql-ruby libmysql-ruby

PHP (apache先?)

# apt-get install php4
# apt-get install php4-mysql

時刻同期

# date -s 2005-01-01
# date -s 00:00:00
# apt-get update
# apt-get install ntp ntpdate ntp-doc ntp-simple

dynamic dns

# mkdir /usr/ddns
# cd /usr/ddns
# wget http://ai-line.com/linux/IP_Set_ie.pl
# jvim IP_Set_ie.pl

「変更」の部分のみ編集 テスト OKとでればいい。

# perl IP_Set_ie.pl
IP_Set => 211.***.***.*** OK!
# vi /etc/crontab
# Dynamic_DNS
7,22,37,52 * * * * root perl /usr/DDNS/IP_Set_ie.pl

を追加。最初の数字はチェックする毎時分。

webmin

# apt-get install webmin
# apt-get install webmin-apache

bind

dselect

いちど何も選択せずに導入?

                                                                               
  lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqu Configuring Binutils tqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk   
  x                                                                        x   
  x カーネルのリンクが失敗します。                                         x                  
  x                                                                        x   
  x このバージョンの binutils を用いると、古いカーネル (いくつかの新しい   x                               
  x カーネルについても) のリンクに問題があるのを経験するかもしれません。   x                                    
  x これはリンカのバグではなく、カーネルソースの問題です。新しいカーネル   x                                     
  x については上流レベルで修正されつつありますが、現時点では全ての問題が   x                                     
  x 修正されたわけではありません。古いバージョンのカーネルについては問題   x                                     
  x はほぼ必ず起きますが、これを修正しようという試みはなされていません。   x                                     
  x                                                                        x   
  x いくつか対処の方法がありますが、最も信頼性の高いのは、あなたのアーキ   x                                     
  x テクチャのためのリンカスクリプト (例えば arch/i386/vmlinux.lds ) を編  x                        
  x 集し、「DISCARD」行から「*(.text.edit)」エントリを削除することです。   x                           
  x これによってカーネルはサイズが大きくなりますが、正しくリンクできるよ   x                                     
  x うになります。                                                         x          
  x                                                                        x   
  x                                 <Ok>                                   x   
  x                                                                        x   
  mqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqj   

そして、 webmin-bind その後、Webmin上で設定。

server いろいろ

# apg-get update
# apt-get install samba samba-doc swat

[Configure smb.conf through debconf?]
  <Yes>
[Workgroup/Domain Name?]
 (マイコンピュータのプロパティのコンピュータ名タブで確認)
[Use password encryption?]
  <Yes>
[Samba's log files have moved...]
  <ok>
[How do you want to run Samba?]
  daemons
[Create samba password file, /etc/samba/smbpasswd?]
  <Yes>

samba

%h server (Samba %v)
swat

rssmemo

/mnt/www/rssmemoに置いたとして readme.txtに従い、パーミッションを適切に設定。

apache httpd.conf追加設定 .htaccessでも可?

<Directory /mnt/www/rssmemo>
Options +ExecCGI
#SetHandler perl-script
AddHandler perl-script .cgi
PerlHandler Apache::Registry
</Directory>

.htaccessにパスワードファイルへのアクセスを禁止するように

# apt-get install libxml-rss-perl
# apt-get install libmd5-perl

展開後、perl Makefile.pl ;make ;make make installで http://search.cpan.org/~lds/CGI.pm-3.11/CGI.pm (libcgi-perl) http://search.cpan.org/~dankogai/Jcode-2.03/Jcode.pm(libjcode-perl)

rssmemo.cgiを編集

PukiWiki

公式に書いてあるとおり。

Sarge化

sources.list書き換え

アドレスの後、sarge/updates main contrib non-freeに

# apt-get update
# apt-get dist-upgrade

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-29 (木) 19:39:41 (4589d)

戻る