*合掌造 [#z8ec7eac]
#ref(http://static.flickr.com/29/66708806_6b17b3820b_m.jpg)
富山県南砺市(旧平村)田向、国指定重要文化財 羽場家

**概要 [#h804fe15]
参考:wikipedia[[合掌造り>WikiPedia.ja:合掌造り]]

#ref(gassho.jpg,right,around)
白川郷・五箇山の合掌造りの特徴としては以下の条件が考えられる。
+「合掌構造」-つまり屋根を△型に木材をトラス構造、扠首構造で組む。
+切妻
+勾配の急な屋根
+茅葺き
+平屋建て
#clear

合掌材で屋根を支える構造は白川郷・五箇山以外にも全国的に分布していて、「合掌構造」自体は特殊な物でもない。対する屋根の構造としては「和小屋」がありこれは屋根材をいくつかの柱で支える構造である。

基本的に白川郷・五箇山では切妻屋根である。五箇山の合掌造には入母屋風のものがあるがこれは妻側には屋根材はないのであくまでも入母屋「風」である(上の羽場家参照)。また、白川郷・五箇山の境界に当たる岐阜県荘川では入母屋造り、富山県山田・八尾では寄合掌(寄棟造)と一般的な合掌とが入り交じっていた。

勾配が急なのは豪雪地である場所ならではのこと。

茅葺きについては最近はトタンで茅葺き屋根ごと覆ったり、茅自体を下ろしてトタン葺きにしているケースがある(別途記述)。

#ref(http://static.flickr.com/15/69649946_149ad3798a_m.jpg,right,around)
ほぼ全ての合掌造は平屋(2階以上は基本的に屋根裏)であるが、わずかに2階建ての物があある(右参照)。昔は逆に軸組がない合掌材が地面まで下りているもの(原始合掌造、ナンマンダブツ小屋)が結構あったらしい。
#clear

**構造の詳細 [#udb7db87]
#ref(gassho.jpg,right,around)
-チョンナバリ
#ref(http://static.flickr.com/35/69653354_84b3c5bb0d_m.jpg)
-アマ (屋根裏)
#ref(http://static.flickr.com/18/69653380_cb3239d12f_m.jpg)
-サンガイアマ (アマが三層の場合最上部)
#ref(http://static.flickr.com/34/69653369_4bb4909d3c_m.jpg)
-茅葺き屋根の最下部
#ref(http://static.flickr.com/34/69649980_19dfbd8345_m.jpg)
#clear
**分布 [#uf1429ab]
***富山県内 [#p9ea4e75]
基本的に「五箇山地方」:南砺市の内、旧 平・上平・利賀村に分布。
-平村
--相倉 23棟?
--上梨  5棟?
--見座 1
--田向 1
--道の駅たいらに移築された物がある
-上平村
--菅沼 9棟?
--西赤尾 2棟
--東赤尾 2棟
--皆葎 1
--猪谷 1
--小瀬 1
--合掌の里・民謡の里に移築された物がある
-利賀村
--移築されずに残っている物はない。移築された物がいくつかある。
***富山県内 過去 [#vca475ae]
最盛期には1200棟ほどの合掌造が存在したと思われる。

上に記述した五箇三村には全村にわたって合掌造が存在した。谷間を望むと全て合掌だったはず。

五箇山から平野へと通じる旧五箇山街道沿いの平野側の城端町(現南砺市)・若杉、福光町(現南砺市)・下小屋。これらは旧街道が廃れたりしたためにその運命を共にした。他に城端町上田、臼中にもあったと思われる。

五箇山の東隣の山田村(現富山市)・八尾町(現富山市)にも合掌集落があった。
このうち、八尾町には合計数十棟あった。同じ谷間で十数棟もあったところがあったがダム開発で姿を消した。
室牧ダムのある土玉生、小谷、茗ヶ島の各集落。数がまとまっていたのでダム開発が無ければ今でも集落が残っていたかもしれない。
他にも八尾町・山田村では合掌造があった集落がいくつも姿を消した。 

富山県内の分布図 △なのが合掌が過去に存在した所。小さな○は現在存在するところ。
#ref(http://tsuda.tk/travel/gassho/map.jpg)

***岐阜県内 [#d8e0267e]
調査中…

白川村以外にも荘川村、宮川村にも存在した。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

戻る